意外と分からない?!心療内科とは?どんな診療科?


心療内科の基礎知識と扱っている疾患

心療内科は心理的なものから、身体に何らかの症状が現れる病気を治療する診療科目です。心身症と呼ばれるものが主に対象となり、心理的なストレスによって引き起こる症状を緩和していきます。職場や学校に足を運ぶと具合いが悪くなったり、吐き気や頭痛がしたりするのも心療内科の領域です。内科や外科を受診しても原因が分からず、身体の症状が収まらないときには心療内科を受診するケースも少なくありません。心療内科で扱っている疾患は心身症やうつ病、睡眠障害や拒食症、消化器心身症などです。

心療内科に行くか迷ったときは

心療内科に足を運ぶのか迷ったときには、自分の心の状態を客観的に観察します。今の状況が「とても辛い」「どこかに行ってしまいたい」などと思ったときには、早めに受診するようにしましょう。早めに治療を開始すれば重症になりにくくなりますし、症状も軽くなるかもしれません。心身ともに問題がないならば早く知ることができ、安心することも出来ます。

何らかの身体の変化が起きたときにも、受診のタイミングです。特に夜眠っているのに何度も起きてしまう、食欲が無くなったときには要注意です。疲れて寝ようと思ってもなかなか寝られない、何度も目が覚めてしまうときにはうつ病や睡眠障害の前兆かもしれません。何日もこのような症状が続いたら、一度専門家に相談してみましょう。食べ物が食べられない、味をあまり感じられないときにも病気の兆候かもしれないので、早めに医療機関を訪ねましょう。

品川の心療内科は、品川駅から徒歩圏内の場所に点在しています。会社帰りに立ち寄りやすいうえに、24時間対応している心療内科もあります。